コンセプト

イワタのこだわり

イワタのこだわり

数多くの特許・実用新案を取得しています。

イワタの研究開発は、その革新性が認められ特許や実用新案を数多く取得しています。国内外を問わず世界に広がるそのパテントは、寝具メーカーの領域を超えた睡眠環境のオピニオンリーダーたる証でもあります。

oldcatlog.jpg羽毛製品のパイオニアとして、日本で初めて1964年『ダウンプルーフ』(羽毛専用生地)を開発して以来、羽ぶとんを水洗いや日干しできる技術、キャメルやヤクなどの高級天然素材を活性化する技術、『イオゾンアルファ2』や『イオゾンデルタ』など、イワタは画期的なテクノロジーを次々と生み出してきました。

あくまでも”眠り”にこだわり続けるイワタだからこその新技術の数々―。
他メーカーの追随を許さない理由は、寝具に対する愛情と、あくなき「探究心」にあるのです。

カタログ

睡眠科学を軸に商品開発を進めています。

生命の維持になくてはならない「睡眠」。免疫力、治癒力、成長、あるいは疲労回復や心のケアなど、私たちは、睡眠中にたくさんの重要な作業を行っています。そのため、寝具というものは、単なる快適にとどまらない、睡眠をとるためのサポート機能がきちんと備えられているべきものとイワタは考えています。
 
イワタでは、身体に必要不可欠な眠りを自然な状態でとることができるよう身体のメカニズムや適切な寝姿勢、寝返りの頻度、快適な温度・湿度に至るまで、眠りに関する情報を収集し、それらを軸にして商品開発を進めています。
 
[寝ごこち科学研究所]では、製品の眠りに関する科学的な評価・検証も行い、製品の研鑽・新商品の開発につなげています。縫製の技術や素材の善し悪しだけでなく、こうした”眠っている間の身体の状態”を根底に据えているところに、”類い稀な商品クオリティ”と賞賛される理由があるのです。
 
【寝ごこち科学研究所】の詳しい研究内容はこちら
baby
冬 あたたかく快眠できるオーダー寝具の使い方
Return Top