イワタブランド寝具

贈答用・木和紙ふすも

大切な人の安眠と健康を願う気持ちをお届けする
夏の素敵な贈り物です(桐箱入)

贈答用・木和紙ふすも

奈良・平安時代には、体を横たえる(臥す)ときに身を覆う四角い布(裳)の夜具を「ふすも」と呼び、「臥裳」と記しました。「ふすも」は転じて「ふすま」(衾)となり、江戸時代まで掛け布団を示す言葉として用いられました。

『木和紙ふすも』は、日本の森林で育った針葉樹の間伐材から生まれた製品です。チップ化した木材原料からできた和紙で撚糸を作り、織りあげた貴重な織物です。柔らかな肌触りの上とても軽量で、汗を素早く吸い込みます。通気性がよく放湿性にも優れており、蒸れないので夏の夜に最適です。

「蘇民将来」にあやかり、無病息災を祈る心を贈る。


七月、祇園祭の頃、京都の町では「蘇民将来子孫也」(そみんしょうらいのしそんなり)と記された護符(ごふ・おふだ)を目にします。この文字には八坂神社の御祭神、スサノオノミコトに由来する伝説があります。

スサノオノミコトが南海を旅していたとき、蘇民将来に一夜の宿を求めました。蘇民はたいそう貧乏な暮らしをしていましたが、アワで作った食事を作り、心温 まるもてなしをしたとか。喜んだスサノオノミコトは茅(ち)の輪を付け、蘇民将来の子孫と名乗れば疫病を逃れられると蘇民に約束したのです。

古くより麻は奉職され、献上品として用いられてきました。大切な方の安眠と健康を願う気持ちをお届けできる、夏の素敵な贈り物になるはずです。

品番 生地素材 サイズ(cm)/充填量(kg) 税抜価格
綿55%*和紙45%
*和紙の組成は間伐材50%マニラ麻50%
140×200cm 30,000円(箱代込)
Return Top