IWATAの自然素材のオーダー寝具で、冬もあたたか快眠

冬の寒い時期は、あたたかいお布団の中でぐっすり眠りたい・・・
少しでも早く身体が温まるように、厚手の布団や毛布などの寝具を重ねてはみているものの、

  • 布団の中に入ってもなかなか温かくならない・・・
  • 布団の中が蒸れて不快・・・
  • 寒くてなかなか寝付けない・・・

など、快適に眠れないということはありませんか? 

快適な眠りは、体内部の体温が鍵

「眠りやすさ」と「体温」は密接に結びついています。人は眠りが深くなるにつれ、体内部の温度(深部体温)が下がっていきます。これは、活動時と睡眠時の代謝が影響していると考えられています。

深部体温を下げるには、手や足などの温度を上げて体内に蓄積された熱を体外へと逃がします。よく眠い時の赤ちゃんの手足がポカポカと暖かくなるのは、そのためです。

また、手足の血管を開き血流を増やすことで、昼間にフル活動している脳を休ませる働きがあります。その結果、眠りやすさは強くなっていきます。つまり、快適な眠りを得るためには、体内部の温度を下げ、リラックスできる環境をつくることが鍵となります。

冬は保温力と通気性の高い寝具選びと組み合わせが重要

ベーシック(春・秋) すのこベッド冬場の寒い日は、掛け寝具の枚数を増やし、なるべく布団の中が暖かくなるような工夫をしますが、掛け寝具を重ねる方法だけでは、充分な保温効果を得ることはできません。

冬場の寝具の使い方としては、掛け寝具を増やすだけではなく、保温性の高い敷き寝具に変えることのほうが効果的です。特に、背中など身体が直に触れる部位から伝わる熱を抑えることで、高い保温効果を得ることができます。

また、使用する寝具は高い保温性と通気性を兼ね備えたものであることも重要です。身体から放散される熱や発汗により、睡眠時の布団の中の温度と湿度は上昇していきます。その際、寝具がその湿気を放出することができないと蒸れて不快になり、返って寝苦しい環境を作り出してしまいます。

高い保温性と通気性の機能が両立している寝具を選ぶこと。これらは快適な眠りのためには欠かせない重要な要素です。

 

IWATAの寝具は高い保温性と通気性を兼ね備えた自然素材で作られています。

素材IWATAの寝具は、気温変化の激しい日本の風土を考慮し、健やかな眠りへと導くため、寝具に応じた最適な自然素材を選び抜いて作られています。

自然素材が持つ特性を独自で研究し上手に活用することで、保温性と通気性を高い次元で両立させています。

 

 

敷きマット素材による眠りへの影響に関する評価試験

敷きマットの素材の違いが、寝つきにかかる時間、過程に影響を及ぼす比較調査。
※2012年11月17日~18日に開催された日本生理人類学会第67回大会 (首都大学 荒川キャンパス)にて発表

【比較対象寝具】
  • 条件I(イワタ製品):天然毛を積層したマットレス・ラークオール&キャメル敷きパッド
  • 条件S(他社製品):スプリングマットレス&ポリエステルパッド
【皮膚温調査】(※図1参照)

図1は、前額(頭)部分と足背部分の睡眠時の皮膚温の変化を測定したものです。

調査では、睡眠が深くなるにつれて低下する前額(頭)部分の皮膚温(上段)は、イワタ製品(条件I)のほうが時間経過と共に低くなっていることがわかります。一方で、足背部分の皮膚温(下段)に関しては、時間経過と共にイワタ製品のほうが他社製品(条件S)よりも高い温度を維持しています。

以上のことから、冬季を想定した寒冷環境では、天然素材を使用したイワタ製の寝具の方が、寝付きを促す際の指標となる深部体温と体表面の理想的な熱放散が行われていると推測できます。

【布団の中の温度調査】(※図2参照)

図2 は布団の中の温度の変化を示したものです。

調査では、足部の布団内の温度(上段)において、睡眠後半では、イワタ製品(条件I)の方が高い温度を維持しています。布団の中の温度が高く快適に保たれていたことが推測できます。

 

冬におすすめの寝具構成

冬用(すのこ)

ダウンパッド

キャメル敷きパッド

ラークオール

羽ぶとん

ダウンケット

イワタの寝具に実際に触れて、「あたたかさ」をご体感ください。

イワタの寝具づくりの要である”安心・安全な自然素材”は、あたたかい快適な眠りをお約束します。

イワタの寝具は実際にショップで触れ体感することができます。
IWATAショップにぜひお越しください。

Return Top